野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島は盤石、DeNAは「巨人を食うかも」…どうなる? セ・リーグCS

プロ野球は8日からセ・パ両リーグのクライマックスシリーズ(CS)が始まる。セ・リーグは、広島が25年ぶりにペナントレースを制覇。2位巨人と17.5ゲーム差をつける独走Vを飾ったが、球団史上初のCS進出を決めた3位DeNAを含めた3チームの争いは、どのような結果になるのか。

ファーストステージは巨人-DeNA、「巨人が巨人らしからぬ戦いをしていますから…」

 プロ野球は8日からセ・パ両リーグのクライマックスシリーズ(CS)が始まる。セ・リーグは、広島が25年ぶりにペナントレースを制覇。2位巨人と17.5ゲーム差をつける独走Vを飾ったが、球団史上初のCS進出を決めた3位DeNAを含めた3チームの争いは、どのような結果になるのか。

 まずは8日から巨人とDeNAがファーストステージ(東京ドーム)で激突。ヤクルト、日本ハム、阪神、DeNAの4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は「DeNAが巨人を食ってしまうのではないかと思ってるんです」と予想する。

「もちろん、(DeNAが2位になって)横浜で試合をやれればよかったですけど、リーグ戦で最後の2連戦となった9月23、24日も、(23日の試合では)東京ドームで巨人をコテンパンにしている。あそこまではいかなくても、やっつけてしまうのではないかなと思うんです。しかも、巨人が巨人らしからぬ戦いをしていますからね。例年の巨人なら、受け止めて跳ね返すのではないかという感じですけど、今年は……」

 投手陣は、DeNAの方が安定していると野口氏は見ている。巨人は菅野、マイコラス、田口の先発が予想されているが、菅野はここに来て登板回避の可能性が浮上。また、田口は23日の試合でDeNAに7回途中7失点と打ち込まれ、今季は3試合で1勝2敗、防御率3.74とセ・リーグ球団で最も相性が悪い。

 一方で、DeNAは先発陣が計算できるという。今季は、投球回数が多い順番に並べると石田、井納、山口、そしてルーキーの今永と続き、ベテランの久保康もいる。巨人戦では最も相性がいいのは井納で、今季4試合に登板して2勝1敗、防御率2.96。東京ドームでは2試合で防御率1.72の好成績だ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中