野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2017年ブレイク期待!? 各球団、今季2軍戦で結果を残した選手は?

プロ野球はイースタン、ウエスタンの両リーグが9月末で全日程を終了し、3日から「みやざきフェニックス・リーグ2016」がスタートしている。今季、主に2軍で活躍し、2017年シーズンでブレークが期待される選手は――。今季の成績から各球団1選手ずつを挙げてみたい。

20151126_shirane

G岡本はリーグ2位の18本塁打、DeNA白根はリーグトップの118安打

 プロ野球はイースタン、ウエスタンの両リーグが9月末で全日程を終了し、3日から「みやざきフェニックス・リーグ2016」がスタートしている。今季、主に2軍で活躍し、2017年シーズンでブレークが期待される選手は――。今季の成績から各球団1選手ずつを挙げてみたい。

「違いを言い訳にしちゃダメ」― 高橋尚成氏が語る世界との戦い方(侍ジャパン応援特設サイトへ)

【セ・リーグ】

〇広島
野間峻祥外野手(23)

 村野工、中部学院大から14年ドラフト1位で広島入り。今季ウエスタンでは86試合出場でリーグ2位の106安打、リーグ4位の打率.299、7本塁打、43打点、リーグ3位タイ20盗塁をマークした。プロ1年目の15年は1軍で127試合出場したものの、今季は21試合出場にとどまった。

〇巨人
岡本和真内野手(20)

 智弁学園から14年ドラフト1位で巨人入り。今季イースタンでは96試合出場で94安打、打率.261、リーグ2位の18本塁打、リーグ1位の74打点をマークした。今夏のフレッシュオールスターではMVPを獲得し、今月1日のファーム選手権・ソフトバンク戦(宮崎)でもMVPに選出された。1軍では15年は17試合出場でプロ初本塁打を放ったものの、三塁の定位置奪取が期待された今季は3試合出場にとどまった。現在はフェニックス・リーグからCSに向けて1軍合流している。

〇DeNA
白根尚貴内野手(23)

 開星から11年ドラフト4位でソフトバンク入り。今季からDeNAに加入した。イースタンではリーグ最多120試合出場し、リーグ1位の118安打、打率.269、10本塁打、58打点をマークした。23二塁打はリーグ1位タイ。今季1軍デビューして3試合出場したものの、初安打はお預けとなった。

人気記事ランキング