野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元阪神のカージナルス呉昇桓、WBCの韓国代表第1次エントリーから外れる

元阪神のカージナルス呉昇桓、WBCの韓国代表第1次エントリーから外れる

カージナルスでプレーする元阪神守護神の呉昇桓投手が、来年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の韓国代表第1次エントリーから外れたと、韓国紙「朝鮮日報」が報じている。

20161007_oh

韓国地元紙が報じる、他の5人のメジャーリーガーはメンバー入り

 カージナルスでプレーする元阪神守護神の呉昇桓投手が、来年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の韓国代表第1次エントリーから外れたと、韓国紙「朝鮮日報」が報じている。

 記事によると、韓国野球委員会は6日にWBCの第1次エントリー50人を発表し、その中には5人のメジャーリーガーが含まれていたという。レンジャーズの秋信守外野手、パイレーツの姜正浩内野手、オリオールズの金賢洙外野手、マリナーズの李大浩内野手、ツインズの朴炳鎬内野手で、呉昇桓はメンバーから漏れている。

 阪神を自由契約となり、カージナルスに1年契約で加入した呉昇桓は今季、中継ぎとして開幕を迎えた。しかし、守護神のローゼンタールが不調だったため、前半戦終盤からはクローザーに。76試合に登板して6勝3敗19セーブ、防御率1.92と圧巻の成績を残した。30試合以上を締めくくるという条件をクリアしたことで、来季契約は自動更新となっている。

人気記事ランキング