野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

パは先勝チームの突破率100%もホークス内川「僕らにとっては過去のもの」

独特の緊張感の中、主将が勝負強さを発揮した。福岡ソフトバンクが8日、千葉ロッテとの「2016 日本通運 クライマックスシリーズ パ」ファーストステージの初戦を制し、ファイナルステージ進出へ王手をかけた。

201604007_kudo

ロッテとのCSファーストステージで白星発進

 独特の緊張感の中、主将が勝負強さを発揮した。福岡ソフトバンクが8日、千葉ロッテとの「2016 日本通運 クライマックスシリーズ パ」ファーストステージの初戦を制し、ファイナルステージ進出へ王手をかけた。4番の内川が3安打1本塁打2打点の大活躍。3年連続日本一という目標へ向け、キャプテンがチームをけん引した。

 出鼻をくじかれた。先発の千賀投手が千葉ロッテ打線に2本塁打を浴びて2失点。清田には先頭打者本塁打を食らい、内川もたまらずマウンドへ駆け寄る。「最初の本塁打の時に青ざめていた」と主将も振り返る通り、今季12勝を挙げている右腕でさえ、CSの雰囲気はいつもと違うものがあったようだ。

 いきなりの2失点という嫌な空気を振り払ったのがその内川だった。直後の攻撃、2死三塁で涌井投手から右翼フェンス直撃の適時二塁打。「何とか早いうちに1点でも、と思った」。もう少しで本塁打という当たりで1点差とすると、3回裏2死、左翼へ今度こそのソロ本塁打。「短期決戦なので、いいも悪いもどっちも5割。思い切るしかないと思ってやっています」。

 序盤で試合を振り出しに戻すと、8回無死、2番手の内投手からセンターへの安打で猛打賞。この安打を皮切りに1死満塁とすると、今宮が左前に2点適時打を放って試合を決めた。

人気記事ランキング