野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、1勝1敗で初のPSマウンドへ 指揮官は期待「彼は究極の闘士」

前田健太、1勝1敗で初のPSマウンドへ 指揮官は期待「彼は究極の闘士」

前田は10日(同11日)に本拠地で行われる第3戦で先発予定だが、デイブ・ロバーツ監督は今季ドジャースの先発ローテーションを支えてきた日本人右腕について「究極の闘士」と絶賛している。MLB公式サイトが特集している。

11日の本拠地での第3戦に先発、ロバーツ監督は「彼はローテを支え続けてくれた」

 ドジャースは9日(日本時間10日)のナ・リーグ地区シリーズ第2戦でナショナルズに2?5で敗れ、シリーズ1勝1敗となった。前田は10日(同11日)に本拠地で行われる第3戦で先発予定だが、デイブ・ロバーツ監督は今季ドジャースの先発ローテーションを支えてきた日本人右腕について「究極の闘士」と絶賛している。MLB公式サイトが特集している。

 前田は今季、広島からポスティングシステム(入札制度)でドジャースに加入した。契約前のメディカルチェックで、肘や肩に「イレギュラー」が発覚。健康面の不安から8年契約で年俸総額2500万ドル(約25億7000万円)という抑え目の契約内容で、インセンティブが厚い異例の契約となった。

 特集では「ケンタ・マエダは2016年のドジャースで最も頼りになる先発投手だった」と紹介。前田は今季32試合に先発し、16勝11敗、防御率は3.48と安定感を見せた。開幕時のドジャースの先発ローテーション投手が次々と故障者リスト(DL)入りする中、前田は登板試合数やイニング数の出来高を全て足して年俸総額1290万ドル(約13億3000万円)に達するほどフル稼働した。

 そんな日本人右腕をロバーツ監督は絶賛したという。

「彼と契約した時は健康面を話題にした。今季、彼は何イニングを投げてくれるのか。だが、彼はローテーションを支え続けてくれた。彼は体重165ポンド(約75キロ)の身体から力を振り絞っているかもしれないが、この男は究極の闘士だ。本当なんだ。彼は安定感をもたらしてくれた。それは大きい」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中