野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 【森脇浩司氏の目】勢いだけではないことを証明したDeNA ヒーローはいても戦犯いない好試合に

【森脇浩司氏の目】勢いだけではないことを証明したDeNA ヒーローはいても戦犯いない好試合に

1勝1敗の五分で迎えたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ。延長にもつれ込んだ接戦をDeNAが制し、球団初のファイナルステージに駒を進めた。このシリーズの勝負のポイント、短期決戦の難しさを昨年までオリックスの監督を務めた森脇浩司氏に解説してもらった。

森脇浩司氏が振り返るセCS第1ステージ最終戦

 1勝1敗の五分で迎えたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ。延長にもつれ込んだ接戦をDeNAが制し、球団初のファイナルステージに駒を進めた。初回にDeNA・ロペス、巨人・阿部の2ランで幕を開けた1戦。3-3の同点の延長11回に巨人守護神・澤村が右足に打球が直撃するアクシデントもあり、1死二塁から嶺井の左翼フェンス直撃の決勝タイムリー二塁打で勝敗が決した。このシリーズの勝負のポイント、短期決戦の難しさを昨年までオリックスの監督を務めた森脇浩司氏に解説してもらった。

———————————————————–

 球団史上初のCSに駒を進めたリーグ3位・DeNAが敵地・東京ドームで2勝を挙げた。巨人のアドバンテージを感じさせない、勢いのある攻撃を見せたのは見事だった。初回にロペス、阿部が2ランを放ったが、注目して見ていたのは次の打者がどのような打撃を見せるかだった。

 DeNAはロペスの一発で先制した直後、続く4番・筒香がしぶとく中前打、さらに宮崎が四球を選ぶなど1死一、三塁と好機を作った。結果的に追加点とはならなかったが初回からゲームの主導権を握った形だ。対する巨人も阿部の2ランですぐさま同点に追いつき球場の雰囲気は変わった。だが、続く長野は粘りを見せたが左飛に倒れ相手に圧力をかけるまでには至らなかった。

 短期決戦は一つのミスが命取りになるが、巨人は普段ならあり得ないミスが起こってしまった。9回。先頭の村田が三塁内野安打で出塁し、切り札の鈴木を代走に送ったがまさかの牽制死でサヨナラのチャンスを逃した。そして11回は守護神・澤村が先頭の倉本の打球を右足に受け降板。もちろん、ブルペンで準備はしていただろうが、緊急登板となった田原にはあの状況は酷だっただろう。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中