野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 「もともと弱かった」大舞台で輝く大谷翔平 日本S進出へ好スタート

「もともと弱かった」大舞台で輝く大谷翔平 日本S進出へ好スタート

リーグ優勝を決めた時の存在感は、「2016 日本通運 クライマックスシリーズ パ」(CS)の舞台でも健在だった。北海道日本ハム・大谷投手が12日、ファイナルステージの初戦に先発し、福岡ソフトバンク打線を7回1安打無失点に抑え勝利に貢献。日本シリーズ進出へ向け、スタートダッシュに成功した。

20160227_ohtani

投げては7回1安打無失点、打っても好機演出の安打

 リーグ優勝を決めた時の存在感は、「2016 日本通運 クライマックスシリーズ パ」(CS)の舞台でも健在だった。北海道日本ハム・大谷投手が12日、ファイナルステージの初戦に先発し、福岡ソフトバンク打線を7回1安打無失点に抑え勝利に貢献。日本シリーズ進出へ向け、スタートダッシュに成功した。

 千葉ロッテに連勝で勝ち上がってきたソフトバンクを相手に、圧巻の投球内容だった。4回1死、内川に二塁打を打たれた以外は、強力打線を沈黙させた。対外試合での前回登板は優勝を決めた9月28日の埼玉西武戦以来。投手専念だった西武戦とは違い、この日は「8番・投手」で“本職”の二刀流出場だ。9回1安打完封だった西武戦に続き、この日も1安打投球。大舞台での強さを聞かれ「もともと弱かったので、それが役に立っている」と振り返ったヒーローインタビューだったが、まさに「圧倒」という言葉が似合う内容だった。

 大谷の好投は、打線にもいい流れをもたらす。5回無死一、二塁、大野の犠打が相手先発・武田の失策を誘う。無死満塁となると、まずは西川の中前への2点適時打で先制する。さらに1死二、三塁で近藤が中前に2点適時打。そして、武田を引きずり下ろしたのが主砲の中田。左中間へ圧巻の2ラン。絶叫とガッツポーズでダイヤモンドを一周し、スタジアムのボルテージも高めた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中