野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【高校秋季東北大会】仙台育英が2回戦突破、オリックス佐藤世那の弟・令央が代打で2点三塁打

【高校秋季東北大会】仙台育英が2回戦突破、オリックス佐藤世那の弟・令央が代打で2点三塁打

山形県で14日に開幕した高校野球の秋季東北大会。15日は2回戦6試合が行われた。天童市スポーツセンターの第1試合では、仙台育英(宮城第1代表)が角館(秋田第3代表)に7-1で勝利。昨夏の甲子園準優勝投手で現オリックスの佐藤世那の弟・令央(2年)が8回、代打で出場し、2点適時三塁打を放った。

兄は昨夏の甲子園準優勝投手、代打で大仕事に「あそこまで持って行けてよかった」

 山形県で14日に開幕した高校野球の秋季東北大会。15日は2回戦6試合が行われた。天童市スポーツセンターの第1試合では、仙台育英(宮城第1代表)が角館(秋田第3代表)に7-1で勝利。昨夏の甲子園準優勝投手で現オリックスの佐藤世那の弟・令央(2年)が8回、代打で出場し、2点適時三塁打を放った。

 5-1とリードして迎えた8回、1死一、二塁。代打で令央が打席に立った。カウント1-1から2球、ファウルで粘り、133キロのど真ん中ストレートにバットを振り抜いた。打球は大きく左中間を割り、二走・若山壮樹(2年)、一走・杉山拓海(2年)がホームイン。打った令央は三塁ベース上で拳を握った。角館にとどめを刺す2点適時三塁打。令央は「アウトコースを張っていたので詰まったけど、あそこまで持って行けたのでよかったです」と笑顔を見せた。

 ポジションは兄・世那と同じ投手だが、出番は多くない。今秋の地区予選は背番号10。登板直前にチームがコールド勝ちしてしまい、マウンドに上がれなかった。それでも、ベンチの雰囲気を明るくするなど、真面目なチームを盛り上げたことやチーム事情から県大会では兄が付けていた背番号1で、準決勝と決勝で計3イニングを投げた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中