野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 選手10人の不来方、部員100人超の強豪に善戦「グラウンドの人数は同じ」

選手10人の不来方、部員100人超の強豪に善戦「グラウンドの人数は同じ」

山形県で14日に開幕した高校野球の秋季東北大会。15日は2回戦6試合が行われた。天童市スポーツセンターの第2試合では選手10人の不来方(こずかた、岩手第2代表)が登場。4年連続のセンバツ大会出場を狙う八戸学院光星(青森第2代表)に0-2と惜敗した。

八戸学院光星に惜敗も…人数少なくて「いい部分はたくさんあります」

 山形県で14日に開幕した高校野球の秋季東北大会。15日は2回戦6試合が行われた。天童市スポーツセンターの第2試合では選手10人の不来方(こずかた、岩手第2代表)が登場。4年連続のセンバツ大会出場を狙う八戸学院光星(青森第2代表)に0-2と惜敗した。

 岩手県大会を勝ち上がり、春秋通じて初めて東北大会に出場した不来方。毎年、部員が100名を越す強豪校の八戸学院光星に選手10人、マネージャー3人で立ち向かった。

 1、2回に1点ずつを失ったが、それ以上の得点は与えず、安打を浴びて走者を出しても一所懸命に守った。エースで4番の小比類巻圭汰主将は「2点に抑えられたのは良かったけど、立ち上がりに課題が残ってしまった」と反省したが、小山健人監督は「よく投げてくれた」と称えた。

 少人数をマイナスに捉えなかったことが躍進につながった。「ベンチ入りメンバーは(相手の)半分だけど、グラウンドに出ている人数は同じです」と小比類巻。小山監督も「人数が少なくてできないことはしょうがないが、できることもある。ゴロは多く捕れるし、打席にも多く立てる。いい部分はたくさんあります」と話す。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中