野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • セCS第4戦の勝敗を分けた初回6点 元捕手は今永に同情「球審が酷かった」

セCS第4戦の勝敗を分けた初回6点 元捕手は今永に同情「球審が酷かった」

広島は15日のCSファイナルステージ第4戦でDeNAに8-7で勝利し、25年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。原動力となったのは、シリーズMVPに輝いた田中広輔内野手。

20160515_imanaga

日本S進出の広島、田中は「スイングが最高の状態」「チームは心強い」

 広島は15日のCSファイナルステージ第4戦でDeNAに8-7で勝利し、25年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。原動力となったのは、シリーズMVPに輝いた田中広輔内野手。不動のリードオフマンは12打数10安打5四球4打点、打率.833という圧巻の活躍で4勝1敗でのシリーズ突破に導いた。DeNAは先発の今永昇太投手が初回に6失点を喫し、2回以降の攻撃で1点差に迫るのがやっとだった。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は、広島を牽引した田中について「スイングが最高の状態」と絶賛。一方で、失意の結果に終わった今永については「球審のジャッジがあまりにもひどかった。今永とDeNAがかわいそうでした」と擁護し、ストライク、ボールの判定に苦言を呈した。

 まずは田中の驚異的な活躍について、野口氏は「完全にゾーンに入ってますね。スイングが最高の状態。ちょっとやそっとじゃ悪くならないと思います」と褒め称える。ただ、わずかに不安材料もあるという。

「少しずつ強引さは出始めているかなと。5回に砂田からレフト前に打ったタイムリーは、バットの先に当たっていて、いいコースに飛んだからヒットになっていた。8回に山崎に三振に仕留められた最後の打席も、ちょっと引っ張りに入り始めていた。初回の打席は、今永の最後のボールはストライクに見えましたけど、そこまではしっかり粘っていた。1打席目と最後の打席を比べると、かなり内容に違いがありましたね」

 それでも、大きな心配はいらないと、野口氏は見ている。

人気記事ランキング