野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 「DH」から「投」、そして165キロ 二刀流・大谷翔平の凄さが凝縮された1日

「DH」から「投」、そして165キロ 二刀流・大谷翔平の凄さが凝縮された1日

どよめきが瞬く間に歓声に。球場内に「指名打者・大谷が、ピッチャー」とコールされた。

日本最速更新の165キロは3球、プロ初セーブも霞む衝撃の投球

 どよめきが瞬く間に歓声に。球場内に「指名打者・大谷が、ピッチャー」とコールされた。

 DHを解除しての守護神登板。そして、165キロ。今季ここまで、数々の常識を破ってきた大谷翔平投手が、またひとつドラマを作り上げた。北海道日本ハムが16日、福岡ソフトバンクとの「2016 日本通運 クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージ第5戦に勝利し、4年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

 9回1死、松田を空振り三振に打ち取った後、吉村への初球だった。スコアボードに「165」キロの数字が灯った。札幌ドームのボルテージは最高潮へ。自身の最速164キロを更新する剛速球だった。吉村も三振で退けると、最後は本多選手を遊ゴロに仕留めた。本多選手にも2球、165キロを記録するなど、球場はお祭り騒ぎとなった。

 日本シリーズ進出に導いたものの、はしゃぐことはない。ゆっくりとガッツポーズを作り、静かに喜びをかみしめる右腕がいた。プロ初セーブも記録したが、それも霞んでしまうくらい、二刀流・大谷翔平のすごさが凝縮された1日だった。

 ファイナルステージ初戦は「8番・投手」で先発し、7回無失点で勝利投手となった。翌日からは打者に専念。この日も「3番・DH」でスタメンに名を連ねたが、「DH解除」という衝撃が最後に待っていた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中