野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

侍Jの4番候補に“明暗” 筒香3億も中田は届かず、数字で見る両者の差とは?

得点圏打率に加えてOPSでも大きな差、中田は「ゴウのようになりたい」

 さらに、出塁率は筒香が.430に比べ、中田は.308だった。出塁率と長打率とをプラスした値を示すOPSは筒香が驚異の1.110を記録。中田は.738でリーグ19位だった。お互い打撃タイトルを取ったベストナイン選手だが、大きな差が出ている。中田自身、1日の会見で「ゴウ(筒香)のようにチャンスに強い打者になりたい」と後輩スラッガーに“敬意”を表した。

 11月の侍ジャパン強化試合では全4試合で中田が4番スタメンだったが、結果を残せず「不甲斐ない」と振り返った。一方、筒香は5番で存在感を見せた。ただ、昨秋のプレミア12では筒香の後ろを打った中田が爆発的な打撃を見せ、国際大会で勝負強さを見せた。

 第4回WBCまで、もう100日を切っている。3月までに両者がどれだけ仕上げてくるのか、そして、どんな4番争いを繰り広げるのか。侍ジャパンの世界一奪回へ両雄の活躍は欠かせないだけに、“揃い踏み”に期待したいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」