野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • WBCに影響も? 韓国主砲が飲酒運転で逮捕、「パニック」で現場から“逃走”

WBCに影響も? 韓国主砲が飲酒運転で逮捕、「パニック」で現場から“逃走”

来春のWBCに出場する韓国代表の主砲・姜正浩内野手が、2日に韓国のソウルで飲酒運転の末に交通事故を起こして逮捕された。パイレーツでプレーする強打者の“不祥事”を韓国メディアだけでなく、米複数メディアや英一般紙「ガーディアン」も報じるなど、波紋が広がっている。

世界の複数メディアが報じる、球団やMLBからは罰金や出場停止処分の可能性も…

 来春のWBCに出場する韓国代表の主砲・姜正浩内野手が、2日に韓国のソウルで飲酒運転の末に交通事故を起こして逮捕された。パイレーツでプレーする強打者の“不祥事”を韓国メディアだけでなく、米複数メディアや英一般紙「ガーディアン」も報じるなど、波紋が広がっている。

 韓国紙「中央日報」(電子版)によると、姜正浩は2日午前に車を運転中、ガードレールに激突。そのまま現場を離れた。その後、同乗していた知人が運転していたと主張。しかし、警察がブラックボックスを調査した結果、姜正浩が運転していたことが判明し、事情聴取で事実を認めたと同紙は伝えている。体内からは基準値(0.05パーセント以下)を上回る血中アルコール濃度0.084パーセントが検出された。事故による怪我人はいなかったという。

 姜正浩は韓国ネクセン時代、ショートを守りながら通算902試合出場で打率.298、139本塁打、545打点をマーク。14年には打率.356、40本塁打、117打点と驚異的な成績をマークし、“韓国のAロッド”と呼ばれてポスティングシステム(入札制度)でパイレーツに加入した。

 メジャー移籍後も打力を見せ、1年目は126試合出場で打率.287、15本塁打、58打点をマーク。シーズン終盤に守備で激しいスライディングを受け、左脚脛骨骨折と靭帯断裂という重傷を負って離脱した。だが、2年目の今季は5月に戦列に復帰し、103試合出場で打率.255ながら、昨年を上回る21本塁打、62打点。パワーを見せつけていた。また、遊撃と三塁の守備も及第点と評価されている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」