野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

挽回を目指す西武の選手たち 松坂世代の捕手は「『クビになる』を念頭に…」

西武は2日に9選手の契約更改を行った。元主将の栗山巧外野手、レギュラー候補として期待される木村文紀外野手に加えて7選手がサイン。来季がプロ15年目となる「松坂世代」の上本達之捕手は「常に『クビになる』というのを念頭において」と危機感を漂わせた。

2日に9選手が契約更改、開幕スタメンの坂田は「本当に悔しい」シーズンに

 西武は2日に9選手の契約更改を行った。元主将の栗山巧外野手、レギュラー候補として期待される木村文紀外野手に加えて7選手がサイン。来季がプロ15年目となる「松坂世代」の上本達之捕手は「常に『クビになる』というのを念頭において」と危機感を漂わせた。

 開幕スタメンの座をつかみながら、45試合出場で打率.245、3本塁打、26打点に終わった坂田遼外野手も「本当に悔しい」と1年間を振り返り、レギュラー奪取を誓った。また、今年が「分岐点」と位置づけていたという熊代聖人外野手は、キャリアワーストの28試合の出場に終わり、決意を新たにしていた。

 2日に契約更改を行った西武選手と、各コメントは以下の通り。

◯上本達之 1600万
「常に『クビになる』というのを念頭において1打席1打席、その日その日を過ごしたからの結果だと思います。打率的には3割打てたのですが、重きを置いていた代打率として3割いけなかったので、悔いは残っています。それでも、良い投手と対戦させていただいた中でのこの結果と考えると、まぁまぁできたかなと思います。来季は、『代打で長打を打てるように』というのを少し頭に入れていこうかと考えています」

◯坂田遼 1500万円
「開幕戦も初めてスタメンで出させてもらい、非常に順調だったのですが、結果として1年間、1軍で野球ができなかったというのがすごく悔しいです。中盤でも、もっと貢献できていたら、自分の成績もチームの成績も、もっと違っていたのかなと思うと、本当に悔しいです。来年は、打点に強くこだわり、レギュラーを目指して頑張っていきたい」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」