野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

上原浩治、ジャイアンツ移籍の可能性は? 米メディア「制球は素晴らしい」

レッドソックスからFAとなった上原浩治投手の去就に注目が集まっている。

市場には大物クローザーが3人も…GMは「中間層のオプションも存在する」

 レッドソックスからFAとなった上原浩治投手の去就に注目が集まっている。メジャーリーグでは、5日に球団首脳や代理人が一同に会す「ウインターミーティング」が開幕。今オフ、大きな注目を浴びる3人のクローザー、アロルディス・チャップマン(カブスからFA)、ケンリー・ジャンセン投手(ドジャースからFA)、マーク・メランソン投手(ナショナルズからFA)の契約が決まるようなことがあれば、救援投手の市場も活発になってくるはずだ。

 米メディアは、来年4月に42歳となる上原浩治の移籍先候補として複数球団を挙げているが、その中の1つがナ・リーグ西地区の強豪、ジャイアンツだ。今季限りでクローザーのサンティアゴ・カシーヤ、セットアッパーのセルジオ・ロモがFAとなり、ブルペン補強が急務となっている。

 米スポーツメディアの「SBネーション」は、「おわかりのとおり、ジャイアンツはクローザーに8000万ドル(約91億円)を費やす必要はない」と題した特集記事を掲載。チャップマン、ジャンセン、メランソンを大型契約で獲得しなくても、市場には十分に力のあるクローザー候補がいるとし、上原の名前も挙げている。

 記事では、ボビー・エバンスGMがESPNで「クローザーはトレードやFAで解決するのか?」という質問に対して「両者にはバランスというものがあるし、どちらもコストがかかる。トレードであっても(交換相手として)一人、ないしはそれ以上のプロスペクト(若手有望株)を諦めなければいけない。また、中間層のオプションも存在している。大物ほど市場を騒がす名前ではないリリーバーたちだ」と答えていたことを紹介。「大物」以外からクローザー候補を獲得する可能性があることを確かに明かしていたという。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」