野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

金額通りの活躍、“不良債権化”、途中帰国…助っ人年俸上位10選手の成績は?

毎年、チームの成績を大きく左右するのが助っ人の働きだ。高額をつぎ込んで獲得するケースもあるだけに、各球団としては、年俸に見合った活躍をしてほしいところだろう。

“コスパ”に大きな差、優勝に大貢献の助っ人達は年俸上位トップ10に1人も入らず

 毎年、チームの成績を大きく左右するのが助っ人の働きだ。高額をつぎ込んで獲得するケースもあるだけに、各球団としては、年俸に見合った活躍をしてほしいところだろう。

 日本ハムでは今季、2年目のブランドン・レアード内野手が打率.263ながらリーグトップの39本塁打、同4位の97打点と活躍。試合を決める勝負強い一発も多く、明るいキャラクターでチームを牽引するなど、10年ぶりの日本一に大きく貢献した。今季の年俸は1億円だった。

 また、今季加入のクリス・マーティン投手(年俸8000万円)は、シーズン途中からクローザーを務めるなど、52試合登板で2勝0敗21セーブ19ホールド、防御率1.07と活躍。同じく、アンソニー・バース投手(年俸1億円)は先発&中継ぎとしてフル回転し、37試合登板で8勝8敗6ホールド、防御率3.65。日本シリーズでは全て中継ぎで3勝を挙げた。来日3年目のルイス・メンドーサ(年俸2億円)も開幕から先発ローテーションに入り、23試合登板、7勝8敗、防御率3.88。ポストシーズンではブルペン待機となったが、広島との日本シリーズ第5戦では2番手で5回2/3を無失点と好投した。

 セ・リーグで25年ぶりの優勝を飾った広島も、エース左腕のクリス・ジョンソン投手(年俸1億5000万円)が1年目の14勝を上回る15勝を挙げ、防御率2.15で外国人では1964年のバッキー(阪神)以来、52年ぶりとなる沢村賞を受賞。主砲のブラッド・エルドレッド内野手(年俸1億2500万円)、セットアッパーのジェイ・ジャクソン投手(年俸7260万円)、先発&中継ぎでフル回転したブレイディン・ヘーゲンス投手(年俸5700万円)もリーグ制覇には欠かせない戦力だった。

 ただ、両チームの選手たちは、今季のNPBの助っ人年俸上位10傑には入っていない。では、助っ人年俸トップ10入りしている選手たちは、どのような成績を残したのか。振り返ってみたい。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」