野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤンキースが上原浩治の獲得に動く可能性も? NY紙「代理人と接触持った」

田中将大投手の所属するヤンキースが、フリーエージェント(FA)となっている上原浩治投手の獲得に動く可能性があると、米メディアが伝えた。

チャップマン、ジャンセンを獲れなければ…「田中―上原」のリレーが実現も?

 田中将大投手の所属するヤンキースが、フリーエージェント(FA)となっている上原浩治投手の獲得に動く可能性があると、米メディアが伝えた。ヤンキースは現在、夏にトレードでカブスに放出し、シーズン後にFAとなったアロルディス・チャップマン投手の再獲得に力を注いでいると、複数メディアが報じている。また、MLB公式サイトでは、チャップマンと共にドジャースをFAとなったケンリー・ジャンセン投手の獲得に動いている様子をレポート。ただ、両投手の獲得には複数球団が動いており、契約合意も一筋縄ではいかないようだ。

 米紙「ニューヨーク・ポスト」はヤンキースが補強に失敗する可能性に言及。「マーリンズはケンリー・ジャンセンの獲得を目指しているが、この動向によってはヤンキースによるアロルディス・チャップマンの再獲得は難しくなるかもしれない」とレポートした。

 ジャンセンはドジャースからクオリファイング・オファーを受けていたため、獲得したチームはドラフト指名権を旧所属球団に譲渡する必要がある。ただ、2015年までドジャースを指揮していたドン・マッティングリーが監督を務めるマーリンズは、その状況にもかかわらずジャンセン獲得に力を注いでいるのが現状のようだ。

「マーク・メランソンがジャイアンツと契約を結ぶ前の段階では、マーリンズはジャンセンに対して5年8000万ドル(約91億円)規模の契約を考えているとされている。ジャンセンがマーリンズに移籍すれば、ドジャースがチャップマンの獲得に乗り出すこととなり、ヤンキースによる再獲得からは遠ざかるかもしれない」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」