野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

V逸で厳冬更改のホークス、厳しい査定続くも大幅アップ勝ち取った選手は?

今季3年連続の日本一を目指しながら、大逆転でのV逸を喫したソフトバンクにも厳しい冬の風が吹き抜けている。12月に入ってスタートした主力組の契約更改。83勝と優勝してもおかしくない成績を挙げながらもV逸した影響からか、多くの選手にダウン提示がなされ、厳冬更改の様相を呈している。

大逆転でV逸のホークス、選手に厳しい冬の風

 寒さが厳しくなり、すっかり冬模様となってきた12月。今季3年連続の日本一を目指しながら、大逆転でのV逸を喫したソフトバンクにも厳しい冬の風が吹き抜けている。

 12月に入ってスタートした主力組の契約更改。83勝と優勝してもおかしくない成績を挙げながらもV逸した影響からか、多くの選手にダウン提示がなされ、厳冬更改の様相を呈している。

 ここまで、契約更改交渉を行った主な選手たちをまとめてみよう。(7日終了時点)

〇大隣憲司投手 6800万円→5500万円(1300万減)

 ここまでで最も大きくダウンしたのが大隣。昨年8月に受けた左肘手術の影響が残り、状態がなかなか上がらなかった。シーズン中には肋間神経痛などもあり、1軍ではわずか1試合登板(1勝)に。大幅ダウンもやむなしといった内容だった。

〇飯田優也投手 2500万円→2100万円(400万減)

 主力組の交渉がスタートした初日に、2人目でいきなりの保留者となった。今季は中継ぎとして30試合に登板。1勝4ホールド、防御率3.29と昨季とほぼ同等の成績だったが、シーズン中に2度の降格があった点がマイナスに。7日に行った2度目の交渉で同額でサインした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」