野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元ヤンキース・ジーター氏、背番号「2」永久欠番に感無量「考えもしなかった」

元ヤンキース・ジーター氏、背番号「2」永久欠番に感無量「考えもしなかった」

2014年に現役を引退したデレク・ジーター氏が自身の背番号「2」がヤンキースの永久欠番となることについて「考えもしなかったこと」と感想を漏らしている。MLB公式サイトが伝えている。

ヤンキースの一桁台はすべて埋まる

 2014年に現役を引退したデレク・ジーター氏が自身の背番号「2」がヤンキースの永久欠番となることについて「考えもしなかったこと」と感想を漏らしている。MLB公式サイトが伝えている。

 ヤンキースの黄金期を支え、5度のワールドシリーズ制覇を経験した名手は通算2747試合の出場で歴代6位の3465安打をマーク。260本塁打、1311打点、打率.310の成績を残し、ユニフォームを脱いだ。

 長らく貢献し続けた42歳に、球団は6日(日本時間7日)、同氏が背負った「2」を永久欠番とすることを発表。来年5月14日のアストロズ戦前にセレモニーを行うことも決まった。

 MLB公式サイトによると、ジーター氏は「いつも、僕の夢はヤンキースでショートを守ることだった。それ以外のことは夢ではなかった」と語り、「96年当時、僕の目標はこの場所にできる限り長くいることだった。永久欠番や、その他のことについて考えたこともなかったよ。信じが難いけど。昨夜、尋ねられても分からなかったんだ。でも、本当に光栄に思っている」と感慨深げにコメントしている。

 ヤンキースでは21番目の永久欠番となり、これで同球団の一桁台はすべて埋まることになった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」