野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平が来オフにMLB行きを決断したらどうなる? 米メディアが解説

大谷翔平が来オフにMLB行きを決断したらどうなる? 米メディアが解説

早ければ来オフにもメジャー挑戦に踏み切る可能性が浮上している日本ハムの大谷翔平投手。しかし、ここにきて大きな問題が浮上し、日米の関係者を困惑させている。

マイナー契約&6年間FAになれず…ルールに「隙はない」

 早ければ来オフにもメジャー挑戦に踏み切る可能性が浮上している日本ハムの大谷翔平投手。しかし、ここにきて大きな問題が浮上し、日米の関係者を困惑させている。

 大谷の渡米を「阻む」と見られているのが、米大リーグ機構(MLB)と選手会の間で合意に達した新労使協定。来年23歳になる二刀流右腕は、「インターナショナル・ボーナス・プール」というルールの対象となるため、メジャー契約を結べない可能性が浮上したのだ。米ヤフースポーツの敏腕記者、ジェフ・パッサン記者は「なぜ現代のベーブ・ルースは数年後までMLBに来ないのか」と題した特集記事で、問題点を指摘している。

「インターナショナル・ボーナスプール」とは、国外の若手選手と契約する際に設けられている契約金額の上限。戦力不均衡や青田買いが起こらないためのルールで、上限を超えた場合には罰金も含めた罰則が規定されている。

 新労使協定では、支払える金額は475万ドル(約5億4000万円)から575万ドル(約6億5550万円)に設定。他球団とのトレード等で金額枠が動かせるが、上積みできる金額は最大で当初の金額の75%までだという。大谷の渡米時には、総額3億ドル(約342億円)の超大型契約となる可能性も伝えられていたが、それも不可能となる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」