野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

厳しい競争待つも復調の兆しあり ホークス攝津は輝き取り戻せるか

12月9日。ヤフオクドームに設けられた会見場では、攝津正は悲壮な決意をにじませていた。今季自己最少となる登板わずか7試合。右腕にとっての2016年は、悔しさだけが残る1年となった。

悔しい1年過ごしたホークス攝津、来季復活なるか

 12月9日。ヤフオクドームに設けられた会見場では、攝津正は悲壮な決意をにじませていた。今季自己最少となる登板わずか7試合。右腕にとっての2016年は、悔しさだけが残る1年となった。

「投げるポジションはもうないと思っている。まずはそこをつかめるようにしていきたい。緊張感や危機感はこれまでも常に持っていたので変わりはないが、先発の枠を自分で勝ち取れるように。同じ失敗をしないよう、反省を生かしてやっていきたい」

 来季は3年契約の2年目。この直前に行われていた契約更改交渉では、年俸4億円プラス出来高契約でサインしたが、その立場は、これまでとは比べものにならないほど厳しいものとなっている。

 今季は5年連続の開幕投手を託されたが、開幕3試合で計15失点。4月7日のロッテ戦後に登録を抹消されると、ファーム暮らしは約4か月に及んだ。8月3日の西武戦で1軍復帰して今季初勝利を挙げたが、同10日のオリックス戦後に降格するなど、今季だけで4度のファーム降格を味わった。

「その中で、もう1度自分を見直すことはできた。まだはっきりとしたものは見つかっていないが、どういうことをやればというのはわかってきた」

 こうも語った攝津。序盤の不振の原因は、フォーム面にあると自己分析する。結果だけを見れば、わずか2勝、防御率5.59と不本意過ぎる内容に終わった。だが、4か月のファーム暮らしから戻ってきた右腕は復調の可能性を感じさせていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」