野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

仁志監督も「ビックリ」の圧勝 侍ジャパンU-12代表が韓国に5回コールド

中国・広東省で行われている「第9回 BFA U-12アジア選手権」は10日、大会2日目を迎え、侍ジャパンU-12代表は予選リーグ2試合目で韓国と対戦。前日のフィリピン戦後に「どのくらいの力があるのか」と仁志敏久監督は警戒していたが、11-1の5回コールド勝ちで圧倒。予選リーグ2連勝を飾った。これで日本の準決勝進出が決定した。

開幕から2試合連続コールド勝ち、アジア王者へ好発進

  中国・広東省で行われている「第9回 BFA U-12アジア選手権」は10日、大会2日目を迎え、侍ジャパンU-12代表は予選リーグ2試合目で韓国と対戦。前日のフィリピン戦後に「どのくらいの力があるのか」と仁志敏久監督は警戒していたが、11-1の5回コールド勝ちで圧倒。予選リーグ2連勝を飾った。これで日本の準決勝進出が決定した。

「ビックリです」。日本は仁志監督も驚く試合を展開した。初回、無死一、三塁で3番・内間究が左中間を破る2点適時打二塁打を放って先制。2回に暴投で1点、4回にも相手のミスで2点を加えてリードを広げた。5-1と4点リードで迎えた5回。3番・内間の右中間へ二塁打から無死二、三塁とすると、5番・星川心がライトにうまく流し打って、1点を追加。なおも無死満塁で7番・山下真輝がレフトへ2点適時打を放ち、代打・小笠原大燿も犠飛で続いた。

 相手のミスなどもあり、あっという間に得点差を広げた日本。最後は、2死一、二塁で再び3番・内間に打席が回り、レフト線へ適時打。さよならコールドとし、宿敵・韓国を下した。

 投げては、先発・高橋大和がヒットを打たれても冷静に要所を締め、仁志監督は「(高橋は)どれくらいいけるか心配していましたが、すごく良かったですね。練習試合から安定していました。大人しい分、落ち着いてやってくれる。一番うまくカーブを投げられますが、その良さが出ていました」と褒めた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」