野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

マギー加入で争い激化 巨人“栄光のホットコーナー”を守るのは誰だ

巨人の三塁手と言えば、かつて長嶋茂雄氏(巨人軍終身名誉監督)、前監督の原辰徳氏が守った“栄光のホットコーナー”だ。来季は春季キャンプから激しい争いとなりそうだ。

来季V奪還がかかる巨人、注目の三塁争い

 巨人は元楽天のケーシー・マギー内野手(タイガース)を獲得。13年に楽天の日本一に貢献した助っ人は来季の4番候補の1人と期待されている。三塁手、一塁手を守れる新助っ人。巨人の三塁手と言えば、かつて長嶋茂雄氏(巨人軍終身名誉監督)、前監督の原辰徳氏が守った“栄光のホットコーナー”だ。来季は春季キャンプから激しい争いとなりそうだ。

 正三塁手の大本命はベテラン・村田修一だ。今季は将来の4番候補と期待される2年目・岡本和真との争いを制し、長野久義とともに全143試合出場。打率.302、25本塁打、81打点。本塁打と打点はチームトップで、3年ぶりにセ・リーグ三塁手部門のベストナインに選ばれた。

 守りでは15失策、守備率.954だったものの、東福岡高時代にエースとして培われた強肩を生かした安定した送球、華麗なグラブさばきには定評がある。今季は2年ぶりにセ・リーグ三塁手部門のゴールデングラブ賞も受賞。今月28日に36歳となるが、「開幕・三塁」の座に一番近い存在と言えそうだ。

 対抗となるマギーは、楽天に在籍した13年は主に「5番・三塁」で全144試合に出場。4番のA・ジョーンズとクリーンアップを組み、打率.292、28本塁打、93打点をマークした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」