野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパンU-12がアジア初制覇 仁志監督も歓喜「素晴らしいチーム」

中国・広東省で開催中の「第9回 BFA U-12アジア選手権」は13日に決勝戦が行われ、侍ジャパンU-12代表は韓国に4-1で快勝。5戦全勝で悲願の初優勝を飾った。

「仁志ジャパン」として2度目の挑戦で初優勝、「思った以上のことをやってくれた」

 中国・広東省で開催中の「第9回 BFA U-12アジア選手権」は13日に決勝戦が行われ、侍ジャパンU-12代表は韓国に4-1で快勝。5戦全勝で悲願の初優勝を飾った。

 日本は3回裏に星子天真(弓削キング)の遊ゴロの間に1点を先制。さらに、星川心(北原イーグルス)の2点タイムリーも飛び出し、3-0とリードを広げた。5回には2番手・星子が投ゴロの間に1点を失うも、2点のリードを守ると、その裏に自らのタイムリーツーベースで1点を奪取。再び3点差とした。

 6回は田栗慶太郎(戸尾ファイターズ)が無失点に抑えて試合終了。これまで準優勝は6度あった日本だが、優勝は初。アジアの頂点に導いた仁志敏久監督は「素晴らしいチーム。思った以上のことをずっとやってくれました」と選手たちを称えた。

 準決勝までの4試合はすべて7点差以上がつく大差での勝利。しかし、この日の決勝は、予選リーグでは11-1で下していた韓国と接戦となった。準決勝で過去6度の優勝を誇るチャイニーズ・タイペイが韓国に敗れるという波乱もあっただけに、仁志監督は「最後はこういう感じなのかな。十分、注意はしたけど、こちらもライバルは台湾だと言ってきて、(準決勝で)韓国が勝ったので(選手に)悪かったなと思います」と振り返った。

 さらに「こういう試合が本当の試合なんでしょうね。これまでが余裕がありました」とも話したが、しっかりと力を見せつけて快勝。仁志監督にとっても、指揮官として2度目の挑戦でアジア初制覇となった。

【了】

高橋昌江●文 text by Masae Takahashi

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」