野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

SB江川が200万円減でサイン 個人の評価上がるも「優勝できなかったので」

14日、ソフトバンクの江川智晃が契約更改。200万円減の推定年俸1900万円でサインした。

今季はチームを救う活躍も…「自分がもっと成績を残していれば」

 14日、ソフトバンクの江川智晃が契約更改。200万円減の推定年俸1900万円でサインした。

 江川は、今季42試合に出場して、打率.228、4本塁打、15打点。試合数、成績とも昨年よりもアップした。完全に1軍に定着することはできなかったが、8月の昇格直後に立て続けの本塁打、離脱者が増えた終盤に3番を打つなど、チームの苦境を救った。また、6月にはファーム通算100本塁打を放っている。

「個人の評価が上がったが、優勝しなければいけないチームなのでしょうがない。自分がもっと成績を残していれば、優勝するしないに関係なく、こう(ダウン)はならなかったと思う」

 その中でも「状態が良ければ勝負できる」という手応えもつかんだという江川は、「調子のいい状態を維持しながら、レベルアップしていきたい」と、筋力・体力の強化を目指す。

「常に100%の力を出そうとしてきたが、80%の力を出しながらでも強い打球を打てるようにしたいと思う。調子が落ちると止まらないので、(打率が)下がっても2割5分に留めて、そこからまた上げていけるようにライト前ヒットを打ちたい。内川さんや(中村)晃みたいな率を残せる人は、調子が悪くても逆方向に打てる。身近にいい手本がいるので、すでに(練習に)取り組んでいる」

 来季の目標は、77試合出場で打率.260、12本塁打をマークした2013年の自分超え。そして、もちろんチームの日本一だ。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」