野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

SB内川、2000万円アップでサインも「優勝に導けなかった悔しさしかない」

14日、ソフトバンクの契約更改で、内川聖一が2000万円アップの推定年俸3億5000万円でサインした。また、来季から年間シート20席を購入して『SAY1夢シート(仮称)』を新設。被災地の子どもたちを中心に招待することも発表した。

2000安打に期待かかる来季は全試合出場が目標「いい時も悪い時もグラウンドで」

 14日、ソフトバンクの契約更改で、内川聖一が2000万円アップの推定年俸3億5000万円でサインした。また、来季から年間シート20席を購入して『SAY1夢シート(仮称)』を新設。被災地の子どもたちを中心に招待することも発表した。

 内川は、141試合に出場して2年ぶりの3割超えとなる打率.304、自身初の100打点超えとなる106打点のほか、18本塁打を記録するなど、4番打者として十分な成績を残した。

 変動制の複数年契約を結んでいる内川は、自らの成績が球団の評価につながったことには「ホッとしている」と語ったが、自分の成績そのものは「満足はないし、不満足でもない。1年間の結果がこれか、という程度」だという。それよりも優勝、日本一を逃した悔しさが口をつく。

「個人の成績がいいに越したことはないが、キャプテンとして日本一に導けなかった悔しさしかない」

 今季169安打を積み上げた、プロ通算安打は1896本。来季には通算2000安打達成の期待もかかるが「ケガしなければ手が届く数字。ただ、今は現実味もないし、実感もない」。それよりも「全試合に出たいという気持ちが強い」と内川は言う。

「今季の出場が141試合で(全試合出場に)2試合足りなかった。その2試合分を心に刻んでやりたいと思う。どんな状況でも、いい時も悪い時もグラウンドで味わいたいし、グラウンドにいるのが当たり前の選手、いてもらわないと困る選手でいたい」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」