野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

山口FA移籍でどうなる? DeNA来季の先発ローテ争い、当確は3人か

山口俊がFAで巨人へ移籍したDeNA。創設5年目で初のCS進出を果たしたチームにおいて、11勝を挙げたチームの勝ち頭の流出は痛手となるが、来季は19年ぶりのリーグ優勝&日本一を目指して戦い抜かなければならない。果たして、先発ローテ争いはどうなるのか、今季の戦いぶりをもとに占う。

井納が山口の「代役」から「主役」へ、石田&今永も当確

 山口俊がFAで巨人へ移籍したDeNA。創設5年目で初のCS進出を果たしたチームにおいて、11勝を挙げたチームの勝ち頭の流出は痛手となるが、来季は19年ぶりのリーグ優勝&日本一を目指して戦い抜かなければならない。果たして、先発ローテ争いはどうなるのか、今季の戦いぶりをもとに占う。

 ラミレス監督は今季、原則6人で先発ローテーションを組み、山口を「エース」と呼び、期待を寄せてきた。そのなかで、山口に代わる柱として期待されるのが、井納だ。

 そもそも、井納は今季、山口の「代役」として存在感を発揮した1年だった。広島との開幕戦では右足首捻挫の山口に代わって開幕投手に抜擢され、ラミレス監督に就任初勝利をプレゼント。オールスターでは左足首捻挫の山口に代わって出場すると、初出場したCSでは右肩違和感で山口が不在の中、巨人とのCS第1ステージ初戦、続く広島との最終ステージ第2戦でともに勝利し、大舞台で無類の強さを誇った。7勝11敗と負け越しこそしたが、先発ローテを1年間守り、実績、経験ともに来年は山口の「代役」ではなく、先発陣の「主役」を任せられるだろう。

 若い左腕2人も期待は大きい。2年目の石田は山口に次ぐ9勝をマーク。5月には月間MVPを獲得するなど1年間ローテを守り、11月の強化試合で侍ジャパン初選出。ルーキー・今永は12球団新人トップの8勝をマークし、防御率2.93と安定感を誇った。ラミレス監督は「井納、石田、今永が来年の開幕投手の候補になる」と話しており、この3人が先発ローテは当確といっていいだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」