野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • もがく広島堂林の現在地 新井に頼み護摩行&肉体改造、覚醒の時は近い?

もがく広島堂林の現在地 新井に頼み護摩行&肉体改造、覚醒の時は近い?

広島の堂林翔太内野手がもがいている。7年目の今季もレギュラーには定着できなかった。

7年目もレギュラー定着ならず、期待についてこない成績

 広島の堂林翔太内野手がもがいている。7年目の今季もレギュラーには定着できなかった。

 今季は47試合の出場にとどまり、打率.250、2本塁打、2打点。出場試合数こそ前年を上回ったが、打席数(60)、安打数(14)は1軍での出場機会を得た2012年以降では最少の数字に終わった。期待に成績がついてきていない。

 言わずとしれた甲子園優勝投手。中京大中京高の4番・エースとして2009年の夏の甲子園で優勝。高い打撃技術を買われて内野手として同年ドラフト2位で広島に入団した。

 入団3年目の12年にブレイク。「7番・三塁」で開幕スタメン出場し、オールスターにも選出。野手として球団史上最年少の20歳での出場だった。この年は全144試合に出場。チーム最多となる14本塁打を放った。

 特に当時は「飛ばないボール」。リーグでも6位タイの数字で、将来の4番候補としての大成を誰もが疑わなかった。

人気記事ランキング