野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • ナックルボーラー大家友和の“メジャー再挑戦”に米メディア注目「クールだ」

ナックルボーラー大家友和の“メジャー再挑戦”に米メディア注目「クールだ」

先日オリオールズとマイナー契約を結んだことが報じられた大家友和投手のニュースは、海の向こう、アメリカでも大きな注目を浴びているようだ。

来年3月に41歳となる右腕の決断を特集、14年のキャンプではディッキーに師事?

 先日オリオールズとマイナー契約を結んだことが報じられた大家友和投手のニュースは、海の向こう、アメリカでも大きな注目を浴びているようだ。単に元メジャーリーガーがカムバックを果たそうとしているわけじゃない。ナックルボーラーに“転身”して、再びメジャーでプレーしようというのだ。

 MLB公式動画サイト「Cut4」では、メジャー10年で202試合に登板し、51勝68敗、防御率4.26の成績を残した大家の特集記事を掲載。ナックルボーラー転身後の2014年にブルージェイズのスプリングトレーニングに招待選手として参加した時の写真を紹介。練習中の何気ない風景に見えるが、実は大家の横に立つのはメジャー屈指のナックルボーラー、R.A.ディッキー投手で「秘訣を教わっていたに違いない」と推測している。

 今季は独立リーグのBCリーグ、福島ホープスでプレーした大家のメジャー復帰挑戦が、どうして「クールだ」と注目されているか。それには理由が2つあるという。

 最初に「MLBには常にナックルボーラーの需要があるから」だという。特に「経験豊富で幅広く対応できる投手はなおさら」と指摘する。確かに、大家はメジャーで10年を過ごした“ベテラン”で、通算51勝を記録。レッドソックス傘下3A時代には77球で完全試合も記録した投手だ。そんな投手がナックルボールを操るというのだから夢は広がる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」