野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤ軍のチャプマン獲得に渦巻く賛否両論 「必要なかった」「本気度を示した」

ヤ軍のチャプマン獲得に渦巻く賛否両論 「必要なかった」「本気度を示した」

今季カブスを108年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した左腕獲得をめぐり、ヤンキースは現在若手中心のチーム作りに移行している途中であったため、米メディアでは賛否両論の議論が浮上している。

ヤンキースの補強に地元メディアは「後悔するものになる」と批判も

 ヤンキースは15日(日本時間16日)、カブスからフリーエージェントとなっていたアロルディス・チャプマン投手と、2020年まで5年契約を結んだことを発表した。米メディアの報道によると、契約はリリーバーとして史上最高額となる5年8600万ドル(約101億3400万円)。3年目のシーズン終了後には選手側にオプトアウト(契約破棄)する権利が付くという。

 今季カブスを108年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した左腕獲得をめぐり、ヤンキースは現在若手中心のチーム作りに移行している途中であったため、米メディアでは賛否両論の議論が浮上している。

 否定派の中でも最も辛辣だったのは、ESPNのヤンキース番記者アンドリュー・マーチャンド氏で「リリーフ投手への史上最高額の契約はヤンキースが後悔するものになる。すぐに優勝を狙うための補強であり、ヤンキースは再建の途中にあるのに。オールスターに3度選ばれているクローザーのベタンセス投手がいるのだから、補強の必要はなかった」と批判する記事を掲載。また、地元紙「ニューヨーク・ポスト」では「ヤンキースは大金を注ぎ込んだが、最重要課題であった先発投手の穴は空いたままだ」と疑問を投げかけた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」