野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

強打、俊足、強肩、飛距離…「ミギータ」SB真砂にかかる大きな期待

柳田悠岐、中村晃、長谷川勇也、福田秀平、吉村裕基…。ソフトバンクの外野手は、多士済々である。熾烈な争いとなるであろう来季のポジション争い。そんな並み居る猛者たちに割って入る存在として、期待がかかっているのが、22歳の真砂勇介だ。

熾烈な外野手争いに割って入る存在、SBの22歳外野手は「第2の柳田」になれるか

 柳田悠岐、中村晃、長谷川勇也、福田秀平、吉村裕基…。ソフトバンクの外野手は、多士済々である。熾烈な争いとなるであろう来季のポジション争い。そんな並み居る猛者たちに割って入る存在として、期待がかかっているのが、22歳の真砂勇介だ。

「真砂」の名を広めたのは、10月末からメキシコで行われた「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」。世界一に輝いた侍ジャパンU-23の4番を務め、31打数12安打の打率.387、4本塁打、14打点の好成績をマークした。大会MVPを獲得。マスコミにも度々取り上げられるようになり、露出も増えた。

 決して野球エリートではない。京都府出身で、高校は公立校である府立西城陽高校。高校通算52本塁打を放っているものの、甲子園とは無縁で全国的に知られた存在ではなかった。それでも、全身がバネのような類いまれな身体能力を買われ、ソフトバンクが12年のドラフト4位で指名した。

 真砂の武器は先に記したように、抜群の身体能力にある。185センチ、80キロの体格がありながら、50メートル走6秒1の俊足で、遠投100メートル超の強肩。フリー打撃などで見せる打球の飛距離はチームでも屈指のものがある。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」