野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

激動の1年― 輝き取り戻したヤクルト坂口が激白「FAは全く頭になかった」

信念を貫き、裸一貫で勝負を挑んだ男が再び輝きを取り戻した。昨年オフにオリックスからヤクルトに移籍した坂口智隆外野手。「もう一度、野球人として勝負したかった」と、自ら自由契約を選択してまで挑んだこの1年間を本人に振り返ってもらった。

「独立リーグでも野球をやるつもりだった」―、新天地で輝き取り戻した32歳

 信念を貫き、裸一貫で勝負を挑んだ男が再び輝きを取り戻した。昨年オフにオリックスからヤクルトに移籍した坂口智隆外野手。春季キャンプ、オープン戦と結果を残して自らの手でレギュラーを勝ち取り、主に「1番・中堅」として141試合に出場。155安打を放ち、打率.295、39打点、7盗塁。141試合、607打席はチームトップだった。

「もう一度、野球人として勝負したかった」と、自ら自由契約を選択してまで挑んだこの1年間を本人に振り返ってもらった。

――プロ14年目の今季は自身初のセ・リーグで迎えた。トップバッターとしてチームを支えたのは間違いない。1年前に今季の状況を想像できましたか?

「去年の今頃は不安の方が大きかった。チームが決まらなかったら独立リーグでも野球をやるつもりだったので。でも、自分の中ではまだできる。試合に出続けることが出来れば、ある程度の数字を残せる自信はあった。そういった環境を作ってくれたヤクルトには本当に感謝しています」

――150安打はオリックス時代の2011年以来(この年は175安打で最多安打)。セ・パでリーグは違うが、見事な復活劇でした。

「シーズン中は『セ・リーグの投手は打ちやすいの?』とか聞かれることが多かったですが、そんなことは全然ないですね。『何か変えた?』とかも言われましたが、今までとほとんど同じだったから。強いて言えばずっと試合に出ることができたことかな。生きたボールを見て、体もそれに慣れてくる。ここ数年はずっと試合に出ることが少なかったから、シーズン当初は体が疲れてましたね。いい意味での張りとか久しぶりの感覚がどこか嬉しかったりした」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」