野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2億円増、大幅ダウン…DeNAの年俸増減で見るCS初進出への貢献度

この時期、話題となるプロ野球の契約更改。活躍に応じて上がったり下がったり、悲喜こもごもの季節だが、DeNAはすでに全選手の更改を終えた。チームは今季、球団創設5年目で初のクライマックスシリーズ進出。果たして、どんな増減があったのか。金額から見る、それぞれの貢献ぶりを振り返る。

昇給額トップは2億円増の筒香、昇給率はあの5年目外野手

 この時期、話題となるプロ野球の契約更改。活躍に応じて上がったり下がったり、悲喜こもごもの季節だが、DeNAはすでに全選手の更改を終えた。チームは今季、球団創設5年目で初のクライマックスシリーズ進出。果たして、どんな増減があったのか。金額から見る、それぞれの貢献ぶりを振り返る。(年俸の金額は推定)

 昇給額でトップだったのは、主砲の筒香だ。今季の1億円から実に2億円増となる3億円に到達。高卒8年目シーズンで3億円の大台に到達するのは巨人・松井秀喜、西武・松坂大輔ら歴代のスター選手と並ぶ快挙となった。今季は44本塁打、110打点で自身初タイトルとなる打撃2冠を達成。就任2年目となった主将としてチームを牽引したことも最大限に評価され、歴史的昇給となった。

 200%増の筒香を上回り、アップ率でトップだったのは、リードオフマンの桑原。2700万円増の4000万円。1300万円からのアップ率は207%になった。5年目の今季は6月中旬から1番に定着。打率.284、11本塁打と打撃が開花し、持ち前の俊足を生かして19盗塁、さらに中堅守備でも好守を連発した。走攻守を生かしたプレーで切り込み隊長として欠かせない存在となり、高い評価を受けた。

 ほかに打撃陣で大幅増を勝ち取ったのは、倉本と宮崎だ。2年目の倉本は遊撃手のレギュラーを掴み、粘り強い打撃で打率.294と攻守両面で貢献。169%(2700万円)増の4300万円となった。4年目の宮崎は主にクリーンアップで起用され、11本塁打と持ち前のパンチ力を発揮。150%(1800万円)増の3000万円でサインした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」