野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 肉体面&精神面で進化の途上 ヤンキースドラ2指名から4季、加藤豪将の今

肉体面&精神面で進化の途上 ヤンキースドラ2指名から4季、加藤豪将の今

2013年のドラフトでヤンキースから2巡目で指名された加藤豪将内野手が入団4年目のシーズンを終えた。

メジャーの舞台へ、飽くなき挑戦続く22歳

 2013年のドラフトでヤンキースから2巡目で指名された加藤豪将内野手が入団4年目のシーズンを終えた。

 今年10月8日に22歳を迎えた期待の若手は今季1Aチャールストンで65試合に出場し、打率.229、1本塁打、25打点。成績自体はここ数年から大きく向上させることはできなかった。1年目はルーキーリーグで50試合に出場し、打率.310、6本塁打、25打点と活躍したが、2年目は1Aチャールストンで121試合出場、打率.222、3本塁打、37打点と苦戦。昨年も1Aチャールストンの39試合で打率.161と思うような結果を出せずに、シーズン後半はルーキーリーグでもプレーした。

 今季も1Aチャールストンで終えることになり、来季も同様の場所でスタートを切ることが現地で伝えられているが、数字上では見えてこない部分で本人は成長を感じ取っているようだ。

 米マイナーリーグを中心に報じている米野球専門サイト「ピンストライプト・プロスペクツ」は2016年シーズンが終わったタイミングで、加藤に関する特集記事を掲載。「ゴウスケ・カトウはいまだ精神的、身体的に成長し続けている」と題して、22歳のここまでと今後についてレポートする中で、その試行錯誤する様を好意的に報じている。

人気記事ランキング