野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

エース、4番に正捕手候補も WBC侍戦士で期待されるパ・リーグ選手は?

来年3月に開催される「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」に出場する侍ジャパンのメンバーが、青木宣親外野手を含め、19人が発表された。最終メンバーは28人。今後、残り9選手が発表されるが、この19人が日本代表に欠かせない戦力であることは間違いない。

11人がメンバー入り、二刀流・大谷は投手で起用見込み

 来年3月に開催される「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」に出場する侍ジャパンのメンバーが、青木宣親外野手を含め、19人が発表された。最終メンバーは28人。今後、残り9選手が発表されるが、この19人が日本代表に欠かせない戦力であることは間違いない。

 このうち、パ・リーグから選ばれた選手は、投手5人、野手6人の計11人。ほとんどの選手は、11月10日から13日にかけて東京ドームで行われたメキシコ、オランダ代表との強化試合に参加している。ここでは、その強化試合の成績も踏まえて、日の丸を背負って戦うパ・リーグの選手たちを紹介したい。

【WBCメンバー投手の今季成績】

○大谷翔平(日本ハム)
投手=21試合、10勝4敗1ホールド、140回、174奪三振、防御率1.86
野手=104試合、323打数、104安打、22本塁打、67打点、打率.322

○増井浩俊(日本ハム)
30試合、10勝3敗10セーブ1ホールド、81回、71奪三振、防御率2.44

○宮西尚生(日本ハム)
58試合、3勝1敗2セーブ39ホールド、47回1/3、36奪三振、防御率1.52

○牧田和久(西武)
50試合、7勝1敗25ホールド、78回2/3、43奪三振、防御率1.60

○則本昂大(楽天)
28試合、11勝11敗、195回、216奪三振、防御率2.91

 今季、日本ハムを日本一に導き、パ・リーグMVPにも選ばれた大谷は、11月の強化試合では代打・指名打者として起用され、圧倒的な存在感を見せつけた。全4試合の打率は驚異の.455。本塁打や稀にみる天井直撃の認定二塁打も飛び出し、その一打で試合の流れを一気に引き寄せる場面も多々見られた。本戦は投手として起用される見込みだが、投打のどちらでも予想を上回る活躍を見せてくれることだろう。

 今季、両リーグ16年ぶりの10勝10セーブを挙げた増井は、強化試合の第2戦の2番手として登板し、3回1失点。パ・リーグの最優秀中継ぎ投手に輝いた宮西は、2試合に登板して1回2/3を無失点。手堅く信頼のおける2投手は、納得の選出と言える。

 牧田、則本は、11月の強化試合には登板せず、本戦出場が決定した。牧田は今季、中継ぎで50試合登板を達成しながらも7勝を挙げ、十分な活躍を見せた。則本は、ソフトバンクの杉内(現・巨人)以来となる3年連続200奪三振をマークし、奪三振王に輝いた。両選手とも日本代表経験があり、実力は折り紙つき。強化試合では投手陣の失点が目立ったが、守り勝つ日本の野球の要となってほしい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」