野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

3年連続Bクラスも…西武は主力の多くが年俸増、新たな大台到達も2人

今季4位で3年連続Bクラスとなった西武は、ウィンターリーグ参加のため渡豪している駒月仁人、野田昇吾、本田圭佑の3人以外、全選手が契約更改を終えた。

チームの主軸を担っていくべき選手たちに大型アップ用意

 今季4位で3年連続Bクラスとなった西武は、ウィンターリーグ参加のため渡豪している駒月仁人、野田昇吾、本田圭佑の3人以外、全選手が契約更改を終えた。

 4億1000万円で今季チーム最高年俸だった中村剛也内野手は、複数年契約中のため現状維持での更改となった。今季は108試合出場、打率.238、本塁打21、打点61と、いずれもここ3年で最も低い数字となった。来季は4年契約の最終年となる。中村本人も「(その後のことは)当然、考えています」と話しており、球団から更なる大型契約を勝ち取るためにも、巻き返しへ気合が入る。

 中村に代わり、来季のチーム最高年俸となったのはエルネスト・メヒア内野手。今季の3億円から66%アップの5億円に。加えて、3年契約も獲得した。来日3年目のシーズンを終えたが、毎年、本塁打王争いを演じ、もはや西武のクリーンアップの一角として欠かせぬ存在になった。特に今季は、主砲・中村が故障を抱え不調だったため、4番を任されることも。その中で、リーグ2位の35本塁打、同3位の103打点と過去最高の成績を残すなど、チームへの貢献度は絶大だった。4年目の来季は、中村とのさらに高い数字での本塁打王争いが見たいところだ。

 今後、チームの主軸を担っていくべき選手たちには、大型アップが用意された。辻発彦新監督から来季新主将に指名された浅村栄斗内野手は、55%増の1億5500万円で更改。リーグ3位の打率.309、同2位の172安打と結果を残した。来季からはいよいよ念願叶い、以前から熱望していた背番号『3』を継承することも決定。「重みのある番号ですが、これを機にどんどんレベルアップしていきたい。全ての項目でキャリアハイを目指す」と、活躍を誓う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」