野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパンが世界を席巻した2016年 各カテゴリー計6大会で金5、銀1を獲得

リオ五輪で日本代表選手が大活躍した2016年は、今年の漢字に「金」が選ばれるほど、メダルフィーバーに沸いた。だが、今年世界を席巻したのは五輪選手ばかりではない。野球日本代表「侍ジャパン」の各カテゴリーも、国際大会で大いに存在感を見せつけた。

20161222_sasaki

大学代表を先陣に各大会で優勝続出! U-15W杯は惜しくも銀メダル

 リオ五輪で日本代表選手が大活躍した2016年は、今年の漢字に「金」が選ばれるほど、メダルフィーバーに沸いた。だが、今年世界を席巻したのは五輪選手ばかりではない。野球日本代表「侍ジャパン」の各カテゴリーも、国際大会で大いに存在感を見せつけた。

 まず先陣を切ったのは大学代表だった。7月に開催された「第40回 日米大学野球選手権大会」でアメリカ代表と対戦。2勝2敗で迎えた第5戦を延長10回の末に破り、2大会連続18回目の優勝を果たした。横井人輝監督(東海大)が率いた大学代表メンバーはタレント揃いで、佐々木千隼(桜美林大-ロッテ)、柳裕也(明治大-中日)、濱口遥大(神奈川大-DeNA)、吉川尚輝(中京学院大-巨人)、大山悠輔(白鴎大-阪神)と、10月に行われたプロ野球ドラフト会議では5人が1位指名された。

 7月末から8月上旬に行われた「第3回 WBSC U-15 ワールドカップ」では、U-15代表が奮闘。鹿取義隆監督の下、トライアウトで選抜された20人が力を尽くして戦ったが、決勝戦でキューバに敗れて惜しくも準優勝に終わった。悔し涙こそ流す結果になったが、主将を務めた野口海音(松原ボーイズ)を中心に「侍ジャパン」に相応しい戦いを披露。最優秀投手には及川雅貴(匝瑳リトルシニア)、最優秀守備選手には田口夢人(栃木下野リトルシニア)が選ばれた。

人気記事ランキング