野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB1年目で圧倒的成績の元阪神・呉昇桓、来季もクローザーの座守れるか?

MLB1年目で圧倒的成績の元阪神・呉昇桓、来季もクローザーの座守れるか?

韓国人クローザーの呉昇桓投手は今季、メジャー1年目から圧倒的な成績を残した。来季もワールドシリーズ制覇11度を誇る名門で重要な存在となることは間違いない。ただ、米メディアは2014年に45セーブ、15年に48セーブを挙げたローゼンタールが、クローザーに返り咲く可能性があることも指摘。FOXスポーツ(電子版)が「セントルイス・カージナルス:2017年、トレバー・ローゼンタールがクローザー務めるべきか」とのタイトルで特集記事を掲載した。

地元メディアが特集、「ローゼンタールがクローザー務めるべきか」

 韓国人クローザーの呉昇桓投手は今季、メジャー1年目から圧倒的な成績を残した。昨季限りで阪神を自由契約となり、カージナルスに入団。序盤は中継ぎを務めたが、トレバー・ローゼンタールの不振もあり、シーズン途中からクローザーに就任した。今季は76試合に登板し、6勝3敗14ホールド19セーブ、防御率1.92。まさに圧倒的な成績だった。

 来季もワールドシリーズ制覇11度を誇る名門で重要な存在となることは間違いない。ただ、米メディアは2014年に45セーブ、15年に48セーブを挙げたローゼンタールが、クローザーに返り咲く可能性があることも指摘。FOXスポーツ(電子版)が「セントルイス・カージナルス:2017年、トレバー・ローゼンタールがクローザー務めるべきか」とのタイトルで特集記事を掲載した。

 記事ではまず、ローゼンタールの能力を絶賛。「調子が良いときのローゼンタールは支配的なクローザーだ。(相手)チームは彼に不安を覚える。打者はローゼンタールからヒットを打つのに苦労する。彼らは打席で無我夢中になっていることに気付くだろう」。100マイル(約161キロ)を超える直球で打者を抑え込む右腕の投球は、好調時はまさに圧倒的と言える。

「ローゼンタールが45セーブ、48セーブを挙げた2014年と2015年は素晴らしい成績を残している。このシーズンで彼は308、そして287の打者と対決し、それぞれの年に87、83奪三振を記録している。信じ難い成績だ」

 ただ、今季はシーズン序盤から不調で、6月下旬には防御率が5点台中盤まで跳ね上がった時期もあった。「2016年、ローゼンタールは故障や呉昇桓がクローザーになったことから、シーズンの半分ほどしか出場していない」。13年は74試合、14年は72試合、15年は68試合に登板した右腕だが、今季は45試合のみ。2勝4敗14セーブ、防御率4.46と不本意な成績に終わった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」