野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本人初「30億円選手」誕生も FA迫るダルビッシュ、レ軍公式サイトが特集

レンジャーズとダルビッシュ有投手の契約の動向が注目を浴びている。日本人右腕は2011年オフに日本ハムからポスティングシステム(入札制度)を利用してレンジャーズに移籍。落札額に上限がなかった当時は約5170万ドル(現在のレートで約60億円)と史上最高額を記録し、逆に年俸は6年総額5600万ドル(約65億5000万円)と抑えられた。この5年で評価を高めたダルビッシュは来季が契約最終年となり、その後はさらに年俸が跳ね上がると見られている。

平均年俸3000万ドル(約35億円)超の先発投手は4人、ダルビッシュは「同等の額を手にする可能性がある」

 レンジャーズとダルビッシュ有投手の契約の動向が注目を浴びている。日本人右腕は2011年オフに日本ハムからポスティングシステム(入札制度)を利用してレンジャーズに移籍。落札額に上限がなかった当時は約5170万ドル(現在のレートで約60億円)と史上最高額を記録し、逆に年俸は6年総額5600万ドル(約65億5000万円)と抑えられた。この5年で評価を高めたダルビッシュは来季が契約最終年となり、その後はさらに年俸が跳ね上がると見られている。

 2016年も残りわずかとなった26日(日本時間27日)、レンジャーズの球団公式サイトがその契約の動向についてレポート。「ユウはメジャーで最初の契約の最終年に入る」との見出しで特集記事を掲載した。

 記事ではこのままの状況ならば来オフにフリーエージェント(FA)となること、レンジャーズのジョン・ダニエルズGMが契約延長に関心を持っていること、その場合は当初の投資額である約1億700万ドル(約125億円)以上の資金が必要となる可能性があることに言及。現在、メジャーで平均年俸が3000万ドル(約35億円)を超える先発投手はダイヤモンドバックスのザック・グレインキー(3400万ドル=約39億8000万円)、レッドソックスのデビッド・プライス(3100万ドル=約36億3000万円)、ドジャースのクレイトン・カーショー(3070万ドル=約35億9000万円)、ナショナルズのマックス・シャーザー(3000万ドル)の4選手で、「ダルビッシュがシーズンで成功を収めれば、市場でこのくらいの額を手にする可能性がある」とレポートしている。

 ダルビッシュは加入1年目の12年に16勝9敗、防御率3.90をマークすると、翌13年には200イニング超え(209回2/3)を果たし、13勝9敗、防御率2.83で奪三振王(277三振)に輝いた。14年も2桁勝利に到達したが負傷にも見舞われて15年シーズン前に右肘を手術。今季途中で復帰し、7勝5敗、防御率3.41で復帰1年目を終えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」