野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

すでにチームに欠かせない戦力に― 存在感見せる「大谷世代」の評価とは

プロ野球界で「大谷世代」が存在感を見せ始めている。1994年生まれ(早生まれは1995年)のプレーヤーの中には、すでにチームに欠かせない戦力となった者も。大ブレークを果たし、今オフの契約更改で大幅アップを勝ち取った選手もいた。来季が高卒5年目となる「大谷世代」は、現時点でどのような評価を受けているのだろうか。

高卒4年で中心選手に、存在感見せ始める「大谷世代」の来季年俸は?

 プロ野球界で「大谷世代」が存在感を見せ始めている。1994年生まれ(早生まれは1995年)のプレーヤーの中には、すでにチームに欠かせない戦力となった者も。大ブレークを果たし、今オフの契約更改で大幅アップを勝ち取った選手もいた。来季が高卒5年目となる「大谷世代」は、現時点でどのような評価を受けているのだろうか。

 世代の“主役”である日本ハムの大谷翔平投手は今季、投打で圧倒的なパフォーマンスを見せた。投球回、打席ともに規定に届かなかったものの、日本ハムを日本一に導く大活躍でリーグMVPを獲得。パ・リーグのベストナインでは投手、指名打者で史上初のダブル受賞を果たした。

 契約更改では、今季年俸2億円から7000万円増の2億7000万円でサイン。3億円には届かなかったものの、高卒5年目での2億7000万円はダルビッシュ(09年、2億7000万)に並んだ。来季チーム最高年俸2億8000万円の中田翔内野手には、1000万円届かなかった。

 広島の鈴木誠也外野手は、4400万円アップの年俸6000万円で更改した。打力が開花し、25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。アップ率275%はチームNO1だった。菊池涼介内野手とともにWBCに出場する野球日本代表「侍ジャパン」のメンバーに選出され、来季の1億円到達も視界に入ってきた。

 ロッテの田村龍弘捕手は今季、完全に定位置を奪取した。光星学院高(現八戸学院光星高)時代から定評のあった打撃でも進歩を見せ、6月には22試合出場でリーグトップの月間打率.400、1本塁打、13打点という好成績をマーク。大幅アップとなる2760万円増で、来季年俸は5000万円となる。田村と高校時代にチームメートだった阪神の北條史也内野手も、不調の鳥谷敬内野手に代わってシーズン途中から遊撃のレギュラーに定着。730万円アップを勝ち取った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」