野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

入団当時の寮長が明かすヤクルト山田哲人の素顔 才能はなぜ開花したのか

現在の球界を代表する日本人打者の名前を挙げろと言われたら、誰に最も票が集まるだろうか。侍ジャパンの4番候補である中田翔(日本ハム)、筒香嘉智(DeNA)は欠かせないだろう。二刀流で圧巻の活躍を続ける大谷翔平(日本ハム)も、打球の飛距離はナンバーワンとも言われている。豪快な打撃で沸かせる柳田悠岐(ソフトバンク)も候補の一人。今季堂々たる成績を残した鈴木誠也(広島)は来年以降、球界トップの打者になれる可能性を秘めている

“野村の懐刀”が明かすヤクルト山田の凄さ、「今風の野球選手」が史上初の偉業

 現在の球界を代表する日本人打者の名前を挙げろと言われたら、誰に最も票が集まるだろうか。侍ジャパンの4番候補である中田翔(日本ハム)、筒香嘉智(DeNA)は欠かせないだろう。二刀流で圧巻の活躍を続ける大谷翔平(日本ハム)も、打球の飛距離はナンバーワンとも言われている。豪快な打撃で沸かせる柳田悠岐(ソフトバンク)も候補の一人。今季堂々たる成績を残した鈴木誠也(広島)は来年以降、球界トップの打者になれる可能性を秘めている

 ただ、最も多くの票を集めるのは、山田哲人(ヤクルト)ではないだろうか。今季は怪我での離脱がありながら、打率.304、38本塁打、102打点、30盗塁をマーク。史上初の2年連続トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)という偉業を達成した。ゴールデングラブ賞こそ名手・菊池涼介(広島)に譲ったが、二塁手として3年連続ベストナインに選出。24歳にして、歴史に名を残す成績を収めている。

 山田は2010年のドラフト会議で“外れ外れ1位”でヤクルトに入団。当時、これほどの素質を持った選手と見ていた人間は少なかったのではないだろうか。現役時代に南海、ヤクルトでプレーし、引退後は野村克也氏から絶大な信頼を寄せられてヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた松井優典氏は、山田の入団時に2軍の育成コーチと寮長を兼務していた。数々の名選手を見てきた“野村の懐刀”の目に、入団当初の山田はどう映っていたのか。

 松井氏は「山田がここまでやるとは思いませんでした」と率直な胸の内を明かす。

「レギュラーにはなるとは思っていました。最初からそういう印象はありました。相当な素材だと。1年目のキャンプで一番最初の実戦を見た時に『これは絶対に一流になる』と思いました。スイングスピード、走るスピードの速さ、一番良かったのはボールに対しての対応力。そういうものを見た時にこれはレギュラーになると。

 ただ、トリプルスリーをやるとは思わなかった。レギュラーになって、球界を代表するショートくらいにはなるかなと。ベストナインに選ばれるとか、そのあたりまでは行くかなという印象は持っていました。ただ、まさか(ホームランを)30本打つとは思わなかった。20本打てばいいかなという感じでした。20本と30本の差というのはかなりありますから。あとは走攻守のバランスが取れた選手を目指してほしいと。ただ、今はかなり高いレベルでバランスが取れていますからね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」