野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 7点差逆転に雨の悲運も 熱戦続いた2016年甲子園、心に残る10試合は?

7点差逆転に雨の悲運も 熱戦続いた2016年甲子園、心に残る10試合は?

春は智弁学園(奈良)が初優勝。夏は作新学院(栃木)が54年ぶりの頂点に立った今年の甲子園。名場面も多く生まれた。感動あり、劇的な幕切れあり、と印象に残った試合も多かった。春夏全79試合の中から編集部がピックアップした10試合を紹介する。

全79試合、春は智弁学園が初、夏は作新学院が54年ぶりV

 春は智弁学園(奈良)が初優勝。夏は作新学院(栃木)が54年ぶりの頂点に立った今年の甲子園。名場面も多く生まれた。感動あり、劇的な幕切れあり、と印象に残った試合も多かった。春夏全79試合の中から編集部がピックアップした10試合を紹介する。

〇10位 夏1回戦 鳴門(徳島)3-2佐久長聖(長野)
3年連続甲子園の先発マウンド

 鳴門のエース左腕・河野竜聖投手が1年夏から3年続けて、甲子園のマウンドで先発する偉業。1、2年時は初戦敗退だったが、佐久長聖戦で2失点完投勝利を挙げた。兄・祐斗さんも同校の主将だった。鳴門はベスト8まで進出した。

〇9位 春1回戦 釜石(岩手)2-1小豆島(香川)
初出場21世紀枠対決

 センバツには3校が21世紀枠で出場するが、そのうちの注目2校が初戦で激突。接戦となったが釜石が8回まで2-0とリード。小豆島も9回に連打で1点を返し、スタンドのボルテージは最高潮になったが、及ばなかった。夏は両校とも出場することはできなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」