野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

最下位脱出、オコエ成長、創設メンバー引退…楽天の2016年10大ニュース

梨田昌孝新監督が就任した楽天は今季、序盤で首位に立ち注目を浴びたが、その後は失速。それでも3年ぶりに最下位を脱出し、5位でシーズンを終えた。エースの則本昂大投手は苦しみながらもタイトルを獲り、ドラフト1位のオコエ瑠偉外野手はポテンシャルの高さを見せつけた。また、外国人選手の活躍も目立ち、来季は打線の軸がしっかりとできそうだ。そんな楽天の10大ニュースをピックアップし、今季を回顧する。

梨田監督は就任1年目で序盤好調も…、則本は3年連続奪三振王に

 梨田昌孝新監督が就任した楽天は今季、序盤で首位に立ち注目を浴びたが、その後は失速。それでも3年ぶりに最下位を脱出し、5位でシーズンを終えた。エースの則本昂大投手は苦しみながらもタイトルを獲り、ドラフト1位のオコエ瑠偉外野手はポテンシャルの高さを見せつけた。また、外国人選手の活躍も目立ち、来季は打線の軸がしっかりとできそうだ。そんな楽天の10大ニュースをピックアップし、今季を回顧する。

◯梨田政権で最下位脱出

 2014、15年と2年連続で最下位だった楽天は、近鉄と日本ハムでリーグ優勝に導いた経験がある梨田昌孝新監督を迎えた。オープン戦では引き分けを挟んで7試合連続負けなしなど、好調でシーズンに入ったが、4月中旬に6連敗、5月に9連敗で失速。それでも、交流戦は11勝7敗で4位。後半は釜田、安楽など若手投手も台頭を見せ、来季への期待を持たせた。16年シーズンは62勝78敗3引き分けで3年連続最下位は免れ、5位だった。なお、梨田監督は9月6日の西武戦で監督通算700勝を達成した。

◯則本が3年連続奪三振王

 自己最多となる216個の三振を奪い、3年連続で最多奪三振のタイトルを獲得した。キャンプ初日にルーキーイヤーから4年連続となる開幕投手に決定。5月18日のオリックス戦では自己ワーストの4回10失点を喫するなどしたが、前半戦で9勝を挙げた。ところが、後半戦は7試合連続で勝ち星を挙げられず、2勝7敗と苦しんだ。奪三振王に輝いたものの、今季は28試合に先発し、11勝11敗。来季は最多勝を目指す。

◯新人・茂木がショートのレギュラーとして活躍

 ドラフト3位で入団した茂木は、3月25日の開幕戦に「6番・ショート」で先発出場。ルーキー野手としては、球団史上初の開幕スタメンだった。この日は無安打だったが、翌26日に中越三塁打を放って初ヒットをマーク。5月11日の西武戦で初本塁打を放った。6月下旬に負傷して登録抹消されたが、8月に復帰。9月12日のオリックス戦では1試合2本塁打、8月25日にはランニング本塁打など、印象深い打撃を見せた。大学時代はサードを守っていた茂木が、ショートのレギュラーとして躍動。今季は117試合に出場し、パ・リーグの新人で唯一、規定打席にも到達。新人王候補にもなった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」