野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 大谷165キロ、斎藤佑復活ならず…大逆転V日本ハム、2016年10大ニュース

大谷165キロ、斎藤佑復活ならず…大逆転V日本ハム、2016年10大ニュース

日本ハムは2016年、最大11.5ゲーム差をひっくり返して4年ぶりにパ・リーグ制覇。ポストシーズンでもソフトバンクとのクライマックスシリーズ最終ステージ、広島との日本シリーズを勝ち抜き、10年ぶりの日本一を飾った。そんな日本ハムの10大ニュースをピックアップし、今季を回顧する。

11.5差大逆転でリーグV&日本一、大谷は3つランクイン

 日本ハムは2016年、最大11.5ゲーム差をひっくり返して4年ぶりにパ・リーグ制覇。ポストシーズンでもソフトバンクとのクライマックスシリーズ最終ステージ、広島との日本シリーズを勝ち抜き、10年ぶりの日本一を飾った。そんな日本ハムの10大ニュースをピックアップし、今季を回顧する。

◯大逆転リーグV&日本一

 6月24日時点で首位・ソフトバンクと最大11.5ゲーム差あったが、同19日の中日戦(ナゴヤドーム)から07年の球団記録を更新する15連勝を達成。8月25日のロッテ戦(QVCマリン)で今季初めて首位浮上した。ゲーム差0で臨んだ9月21、22日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で2連勝。28日の西武戦(西武プリンスドーム)で4年ぶり7度目のリーグ優勝を決めた。ソフトバンクとのCS最終ステージ(札幌ドーム)では4勝2敗(アドバンテージ1勝を含む)で日本シリーズ進出。広島との日本シリーズでは第1、2戦で連敗したものの、第3戦から4連勝。10月29日の第6戦(マツダスタジアム)で06年以来10年ぶり3度目の日本一を飾った。

◯大谷翔平、日本最速165キロ

 10月16日、ソフトバンクとのCS最終ステージ第5戦(札幌ドーム)で「3番・DH」から9回に指名打者を解除して登板。1死の吉村への初球、自身の日本最速を1キロ更新する165キロを計測。計3球でマークした。フォークは151キロを記録した。

◯大谷翔平、投手先頭打者アーチ

 7月3日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で「1番・投手」で先発。初回先頭、中田が初球で投じたスライダーを強振。右中間席へ飛び込む右越え10号ソロとなった。「1番・投手」で先発するのはプロ野球3人目、本塁打は史上初めてだった。

◯大谷翔平、来オフにもメジャー挑戦

12月5日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、7000万円増の2億7000万円で一発サイン。その席上で球団から17年オフ以降にポスティング・システムでのメジャー移籍を容認された。球団では10月から大谷のメジャー挑戦を認める方向で調整していた。

◯中田翔、2年ぶり打点王

 不動の4番として141試合出場。打率.250、25本塁打で3年連続100打点超えとなる自己最多110打点をマークした。月間打率は6月が打率1割台、それ以外はすべて2割台と爆発的な打撃はなかったが、5月29日の楽天戦(コボスタ宮城)、8月7日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で1試合5打点を記録。3・4月、5月、8月と月間20打点超えした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」