野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

石田、今永に続くのは誰だ DeNAで2017年ブレイクの予感漂う原石5人

昨季、球団創設5年目にして初のクライマックスシリーズ進出を達成したDeNA。その原動力の一つとなったのが、続々とブレイクした若い選手たちだった。2017年シーズンも現有戦力からの上積みとして、さらなる若手の成長が不可欠だろう。果たして、昨年のようにブレイクする選手は現れるのか。飛躍の予感が漂う5選手を紹介する。

20160223_kumabara

若き力がCS初進出の原動力に、投手では熊原&浜口に注目

 昨季、球団創設5年目にして初のクライマックスシリーズ進出を達成したDeNA。その原動力の一つとなったのが、続々とブレイクした若い選手たちだった。投手陣では石田、今永、野手陣では桑原、倉本、戸柱が定位置を掴み、チームは活性化。初出場したCSでは第1ステージで巨人を破って、最終ステージまで進出した。

WBC2大会連続出場の松田宣浩が抱く決意「世界一になって世界一のリーグに」(後編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2017年シーズンも現有戦力からの上積みとして、さらなる若手の成長が不可欠だろう。果たして、昨年のようにブレイクする選手は現れるのか。飛躍の予感が漂う5選手を紹介する。

◯熊原健人投手(今季2年目)

 石田のように大卒2年目でのブレイクが期待されるのが、熊原だ。石田と同じドラフト2位で入団。150キロ超の速球を操る剛腕だったが、2月の春季キャンプで2段モーションと指摘されてフォームを修正。さらに3月に脇腹を痛めて出遅れるなど、フォーム固めと故障に苦しみ、1年目は結局1勝どまり。不本意なシーズンとなってしまった。それでも、現在は「やっといい感じになってきた」とフォームも安定し、新たにチェンジアップも習得中。もともと持っているポテンシャルはドラフト1位級との評判だっただけに、手応えをつかんでいる2年目に先発ローテに食い込む可能性は十分にある。

◯濱口遥大投手(今季1年目)

 最もフレッシュなルーキーでは、ドラフト1位の濱口に注目が集まる。神奈川大のサウスポーは、今永と同じく「大学NO1左腕」の看板を引っさげて入団。150キロ超の直球とチェンジアップを操るパワー型の投手で、ラミレス監督も開幕ローテ入りを期待している。石田、今永、砂田と最近は左投手の育成が次々と成功しているだけに、左腕王国誕生を予感させる。本人も「開幕ローテに入って、2桁勝利と新人王を目指したい」と今永も成し遂げられなかった野望を持っている。

人気記事ランキング