野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー・松井の順位は…米メディアがヤンキース日本人選手を独自格付け

イチロー・松井の順位は…米メディアがヤンキース日本人選手を独自格付け

米スポーツサイト「エリートスポーツNY」では、「ニューヨーク・ヤンキース史を彩る偉大な日本人選手たち」と題した特集記事で、これまでヤンキースでプレーした日本人選手を独自にランク付け。同時に、いかにヤンキースと日本人選手の相性がいいかアピールしている。

大谷獲得に向け、日本人選手とヤンキースの好相性ぶりをアピール

 早ければ今季終了後にもポスティングシステムを利用したメジャー移籍が噂される日本ハムの大谷翔平投手。米国への興味を隠さない今季プロ5年目を迎える22歳に対し、メジャー各球団も積極的に獲得調査を進めている。その中でも獲得に積極的な姿勢を見せていると噂されるのが、名門ヤンキースだ。

 現在は田中将大投手は先発エースとしてチームを牽引するが、これまでにも数多くの日本人選手が伝統のピンストライプのユニフォームを身にまとってきた。米スポーツサイト「エリートスポーツNY」では、「ニューヨーク・ヤンキース史を彩る偉大な日本人選手たち」と題した特集記事で、これまでヤンキースでプレーした日本人選手を独自にランク付け。同時に、いかにヤンキースと日本人選手の相性がいいかアピールしている。

 5位に選ばれたのは伊良部秀輝氏。ヤンキース入りした1997年は苦しんだが、「翌年から2季は調子を上げ、1998年と1999年のワールドシリーズ連覇で大きな役割を果たした」と高評価されている。

 4位にランクインしたのは、昨季メジャー通算3000安打を達成したイチロー外野手。今季マーリンズで3年目を迎える背番号51は、2012年途中にマリナーズからヤンキースへトレード移籍し、翌シーズン終了まで約1年半をニューヨークで過ごした。ヤンキースでは通算打率.281、出塁率.314を記録。「シアトル時代ほどの活躍ではなかった」としながらも、通算13本塁打を放っていることについて「(ヤンキースタジアムの)短い右翼を有効に使った」と指摘。「守備の手堅さもプラスだった」としている。

人気記事ランキング