野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 日本人メジャー選手も続く? バムガーナーにWBC途中参戦を打診と報道

日本人メジャー選手も続く? バムガーナーにWBC途中参戦を打診と報道

3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて、メジャーリーガーの参加不参加が続々と報じられているが、今度はジャイアンツのエース左腕マディソン・バムガーナー投手が大会途中に参戦する可能性がリポートされている。

20170104_bumgarner

米国代表が代理人に途中出場の検討を打診と米報道

 3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて、メジャーリーガーの参加不参加が続々と報じられているが、今度はジャイアンツのエース左腕マディソン・バムガーナー投手が大会途中に参戦する可能性がリポートされている。MLB.comのジョン・モロシ記者が「米国代表チームがマディソン・バムガーナーの代理人に接触し、第1ラウンド終了後にWBCロースターに加われないか打診」とツイートし、関係者の話として伝えている。

 4回目を迎えるWBCは、今大会から規定を変更。これまで故障者が出た時のみロースターの入れ替えが可能だったが、今回からは大会の会期中にロースター変更することが許可されることになった。6年連続2桁勝利、3年連続15勝以上、4年連続防御率2点台を記録するバムガーナーは、誰もが認めるメジャー屈指の左腕。アメリカ代表入りにも当然相応しい人物だが、懸念されていたのが6年連続で記録した投球回200イニング以上という働きぶり。昨季はリーグ最多34試合に先発し、4試合で完投しているだけに、WBC参戦で余計な負担を掛けたくないというのが、チームや代理人の本音だ。だが、WBC途中参加となれば、負担は軽減されるだけに、検討の余地は十分にある。

 これと同じ規定を日本が利用すれば、日本人メジャーリーガーの出場する可能性も広がってくる。現時点では、カブス上原浩治投手が球団の意向により出場を辞退。今季からアストロズでプレーする青木宣親外野手は、すでに先行発表された19人の侍ジャパン・メンバーに入っている。その他、岩隈久志投手(マリナーズ)、ダルビッシュ有投手(レンジャーズ)、田中将大投手(ヤンキース)、前田健太投手(ドジャース)、田澤純一投手(マーリンズ)、イチロー外野手(マーリンズ)、川崎宗則内野手(カブスFA)のWBC参加については決断が明らかにされていない。だが、トミー・ジョン手術から復帰2年目を迎えるダルビッシュに関しては、レンジャーズが出場させたくない選手リストに入れたと報じられている。

人気記事ランキング