野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

MLBトップ投手にダルビッシュと田中の名前…米紙が選ぶ先発投手20傑入り

レンジャースのダルビッシュ有投手とヤンキースの田中将大投手が、米紙による2017年シーズンのMLB先発投手格付けで堂々の20傑入りを果たし、今季の大いなる活躍が予想されている。

1位カーショー、2位シャーザーと球界を代表する一流投手がズラリ

 レンジャースのダルビッシュ有投手とヤンキースの田中将大投手が、米紙による2017年シーズンのMLB先発投手格付けで堂々の20傑入りを果たし、今季の大いなる活躍が予想されている。

 並み居る一流投手の中に日本が輩出した2投手が割って入った。「気の早いファンタジー向け先発投手ランキング 誰が上昇し、誰が下落したのか」と特集したのは、米全国紙「USAトゥデー」電子版。アメリカでは、ユーザーが実在のMLB選手をドラフトして自分のチームを作り、選手の実際の成績に従って加算されるポイントを競う野球ゲーム「ファンタジーベースボール」が人気を博している。開幕前にはファンタジーベースボール用の戦力ガイドが販売されるほど。それに先駆けた記事では、新シーズンでどの先発ピッチャーが活躍するのかを予想し、格付け上位20位を発表している。

 そうそうたるエース級投手が名を連ねる中、昨年5月にトミー・ジョン手術から1年9か月ぶりにメジャー復帰を果たしたダルビッシュは13位にランクイン。昨季は17試合に登板し、7勝5敗、防御率3・41の成績で、復帰から2年目を迎える今季は一層の活躍に期待が集まっている。一方、昨季31試合に登板し、14勝4敗、防御率3・07と活躍した田中は20位に入った。日本人両右腕は今季限りでフリーエージェントになる可能性があるが、2017年は躍進のシーズンとなると分析されている。

人気記事ランキング