野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人的補償でDeNA移籍の平良 G阿部のリードで見せた才能の片鱗

DeNAから巨人へFA移籍した山口俊投手の人的補償として、今年プロ4年目を迎える21歳の平良拳太郎投手に白羽の矢が立った。

昨年1軍デビュー、飛躍の可能性秘めるプロ4年目右腕

 DeNAから巨人へFA移籍した山口俊投手の人的補償として、今年プロ4年目を迎える21歳の平良拳太郎投手に白羽の矢が立った。

 2013年ドラフト5位で沖縄・北山高校から入団。昨年4月7日の阪神戦で1軍初登板した。4回途中4失点だったが、2軍戦では12試合で6勝2敗とこれから大きく飛躍する可能性の秘める若手投手だった。

 昨年3月12日に行われたイースタン・開幕戦のヤクルト戦では2軍の開幕投手を任された。ケガで出遅れていた阿部慎之助捕手とバッテリーを組むと9回3安打1失点で完投勝利を挙げた。これが平良にとって初の完投だった。ホームベースに背を向けるように体をねじり、サイドから繰り出す独特のトルネード投法。阿部のリードで才能の片鱗を見せたのだった。

 当時はスライダーが売りの投手のため、決め球はどうしてもスライダーになりがちだったが、阿部はうまく高めの直球も使い、打者を困惑させた。

人気記事ランキング