野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “元地元”ボストンが松坂大輔の近況に注目「日本でのカムバック目指すのか」

“元地元”ボストンが松坂大輔の近況に注目「日本でのカムバック目指すのか」

12月にプエルトリコでのウインターリーグに参加したソフトバンク松坂大輔投手。投手陣の層が厚いソフトバンクで、今季どのような形でベテラン右腕が存在感を見せるのか注目されるが、松坂の動向に“元地元”ボストンのメディアも関心を寄せているようだ。マサチューセッツ州のニュースサイト「MassLive」では「2014年を最後にMLBを去ったマツザカがウインターリーグで防御率2.70を記録」と題した記事で、元レッドソックス投手の近況についてリポートしている。

ウインターリーグでの成績をリポート、最終戦は「珠玉の投球」

 12月にプエルトリコでのウインターリーグに参加したソフトバンク松坂大輔投手。投手陣の層が厚いソフトバンクで、今季どのような形でベテラン右腕が存在感を見せるのか注目されるが、松坂の動向に“元地元”ボストンのメディアも関心を寄せているようだ。マサチューセッツ州のニュースサイト「MassLive」では「2014年を最後にMLBを去ったマツザカがウインターリーグで防御率2.70を記録」と題した記事で、元レッドソックス投手の近況についてリポートしている。

 プエルトリコで開催中のウインターリーグに参戦した松坂はヒガンテス・デ・カロリナに所属し、4試合に登板、0勝3敗、防御率2.70の成績を残した。勝利こそ挙げられなかったが、最終登板となった12月28日ティブロネス・デ・アグアディヤ戦では、7回を投げて3安打1失点の好投を披露。記事でも「松坂は新年を迎える前に珠玉の投球をした」と称えている。

 プエルトリコでの細かい成績についても紹介。4登板で20イニングを投げ、13安打を許し、自責点は6。さらに奪三振数が11だったのに対し、与四球数が同数の11だったことにも触れ、「ボストンでは制球に苦しむ嫌いがあった」と振り返っている。

人気記事ランキング